竹内のナンパストーリー(第一章)

ナンパ社長の竹内です。

 

間もなく、こちらの地蔵克服強化合宿もスタートするという事で、

⇒ マンツーマン地蔵克服ツアー
今日から、竹内の事を更に知ってもらう為に、

竹内ナンパストーリーを公開してみる事にしてみました。

 

恐らく、アンリさんも、また公開してくれると思います!

 

こちらにも、簡単なプロフィールは載せてますので、

良ければ、こちらも見てみて下さい。

⇒ ナンパ社長@竹内のプロフィール&過去記事

 

では、今回の第一章では、なぜ、竹内がナンパ実践を始めたのか?

その理由について、詳しく話したいと思います。

────────────────────────────────────────────────

理想の女性に出会うためにナンパを始めた。

────────────────────────────────────────────────

 

竹内が、元々ナンパを始めた理由、それは、

自分にとって本当の理想としている女性に

出会える可能性が上がると思ったからです。

 

なぜかというと、普通に仕事して、生活して、

たまにコンパやパーティー、ネットナンパ、

紹介などをしてもらったとしても、

必然的に、出会いの機会は少ない。

 

しかも、自分の場合、好みの層が狭い上に(清楚、コンサバ系)、

昔から、ルックスの良い女性にしか興味が無かった為、

(※ルックスは自分の好みです)

 

彼女もそんなに多く出来た事はありません。

恐らく、20代の平均よりは圧倒的に少ないでしょう。

 

「いや、竹内さん、女は見た目も大事ですが、中身も大事ですよ!」

 

という、意見があるかもしれませんが、

自分の場合は、両方求めています。

見た目も、中身も両方です。

 

どっちか一方では、満たされないのです。

 

自分にとって好みのタイプの顔で、

かつ、性格も好みじゃないと、どしても嫌です。

 

なので、ナンパを始めたと言っても過言ではありません。

ナンパの場合、一番困難である容姿と言う部分に関しては、

最初に満たせる事が出来ますからね。

 

出会いの絶対数が少ない上に、自分みたいに好みの顔の系統が狭いと

必然と理想的な女性に出会うチャンスは、皆無に等しくなります。

その入り口の部分を、唯一補えるのは“ナンパ”だと思ったからです。

 

後は、その好みの子の中から、自分と性格の合う女性を探しながら

彼女でも、性奴隷でも、奥さんでも、

人生楽しみながら、探す事が出来きます。

 

これって、かなり革命的だと思いませんか?

 

多くの人が女性に妥協している中、

自分は本当に好みの女生とだけ関係を持てて、

ゆくゆくは、最高の女性に愛される人生に到達出来るんですよ。

 

このイメージが自分の中で描けた瞬間、ナンパを始める事を決意しました。

 

────────────────────────────────────────────────

ナンパをマスターすると、あらゆるビジネスシーン、

あらゆる出会いの場で、一瞬で関係をつくることができる。

────────────────────────────────────────────────


実は、ナンパを始めて以降、その他の女性との出会いの場でも、

以前とは、比べ物にならないほど、大きな成果が出せる様になりました。

 

なぜなら、ナンパというのは、

コミュニケーションスキルの本質なので、

パーティーや合コン、ネットナンパでも応用が余裕で効きます。

 

その日に、即日お持ち帰り出来たり、後日、アポをしてヤったりとかも

人生で初めて、経験する事が出来る様になったのです。

(※ビジネスだけやってた陰気な頃には、ありえなかった現実です)

 

しかも、女性関係の充実以上に、本業のビジネスや、

プライベートでの人間関係が大きく向上しました。

 

具体的には、ナンパ師と言うだけで、

億万長者である起業家の方に興味を持たれ仲良くなれたり、

年収億を越える方との、ビジネスプロデュースの依頼が来たりしています。

 

プライベートでも、プロミュージシャンの方に、

専属で無料ギターレッスンをしてもらえたり、

ボイストレーナーをしている先生を無料で紹介してもらえたり、

 

正直、ナンパを始める前では、ありえない状態に

今現在ではなっています。

 

女性関係の充実と共に、収入も右肩上がりに増え、

億万長者の方達と、プライベートで交流する仲になり、

竹内の人生のライフスタイルでもある、音楽関係でも

圧倒的に充実し始めました。

 

「なぜ?ナンパを覚えるだけで、女性関係以外も充実するのか?」

 

それは、

「ナンパを通して、相手に価値提供する事を覚えたからです」

 

”ビジネスでも、相手に価値を構築して、提供しろ!”

みたいな、事を言われますよね。

 

しかし、この価値を構築して提供するという事は、非常に難しい事です。

そもそも、相手によって提供する価値は異なりますし、

まず、相手にとって、どういう事が”価値”なのか?

 

これを、リサーチする所から始めないといけません。

 

しかし、男にとって、美人な女性というのは

圧倒的価値になります。他の追随を許さないレベルの価値です。

 

俺は、ナンパを覚えてから、彼らにナンパを通して

身につけたコミュニケーションスキルを教えたり、

ナンパを通して覚えたボディランゲージやトークのスキルそのものを使って、

彼らと直接仲良くなったりしました。

 

更に、ナンパした女の子とコンパを開いて、彼らを呼んであげたりしました。

 

ここまで、相手の欲しい価値を提供してあげると、

仲良くなれない理由はありません。

 

こんな感じで、ビジネスでの大きな業績向上、

プライベートの圧倒的な充実に繋がっていっています。

 

────────────────────────────────────────────────

ナンパスキルはコミュニケーションスキルの中でも、最も難しいが、

マスターすると、 すべての人間関係で自分の思い通りになる。────────────────────────────────────────────────


大げさに聞こえるかもしれませんが、これは、真実です。

事実、ナンパを始めて、人間関係の向上こそするものの、

摩擦なんて起きた事がないぐらいです。

 

まだ、ナンパの事をマスターしている訳でも何でもないですが、

俺みたいな、アマチュアレベルのナンパ師でも、

これらを実感しているぐらいです。

 

人間関係を自分の思い通りに出来るという事は、

相手を洗脳して、自分の都合の良い様にコントロールできると言う事です。

 

扱う人によっては、

 

「相手を殺す事も出来るし、喜びを与えてあげる事も出来る」

 

つまり、女性(異性問わず)を崩壊させる悪魔のスキルにも成り得るし、

女性に幸福感を与えてあげる、天使のスキルにも成るという事です。

 

なので、女性を楽しませたり、喜びを与えたりする事に

価値を感じていない人は、絶対に身につけてはいけない

スキルだとも感じています。

 

自分の私利私欲のみに行動し、女性や周りの人間を不幸にする人は、

絶対に覚えてはいけないスキルです。

 

それぐらい、恐ろしいスキルだと思います。

大げさに聞こえるかもしれませんが、

ナンパはコミュニケーションの本質です。

 

本質を理解して、自由に扱えるという事は、

コミュニケーションに置いて、相手より有利に立ち続けられるという事です。

 

これ見てくれているあなたは、そんな頭の狂った

悪魔みたいな人ではないと思いますが、

 

それぐらい、 強烈なスキルだという事を

覚えておいて下さい。

 

そして、極めればパラダイスに行ける事もです!(笑)

今後、共に、パラダイスを体験して行きましょう!!
────────────────────────────────────────────────

10代の恋愛で失敗して深いトラウマ状態に陥っています

────────────────────────────────────────────────

 

ここまで、書いた話で、

 

「いや、竹内だからそんな風に出来てるんやろ!」

「どうせ、あんたは昔からリア充やったんやろが!」

 

みたいな、事を思うかもしれませんが、

全然、そんな事はありません。

 

本当に世間の平均以下的な人生を送って来ました。

 

高校は普通の公立高校でしたし、

勉強が嫌いすぎたので、県内でもレベルの低い普通科を卒業し、

大学も、金さえ払えば入れる、Fランク大学出身です。

 

テストの順位とかも、全学年200人中150番とかでしたww

 

後、就職活動でも67社に落とされて、結局ヤケクソで起業した

本当に駄目な奴です。

 

つまり、THE普通以下です!!(笑)

 

よく見るデブでもハゲでも不細工でも誰でも成功出来る〜

みたいな、詐欺的表現の人生ではないですが、

いわゆる一般の普通の人より、ちょっと下ぐら いの底辺層だった事は確実です。

 

今でこそ、ナンパして女性の事を楽しませて、喜んでもらえたり

「声をかけてくれてありがとう」なんて、

嬉しい事を言われる様になったのですが、

 

実は、10代の時の恋愛で、深いトラウマがあり

20代前半ぐらいの頃まで、女性の事を傷つける行為に

走っていた時期がありました。

 

この話は、また、次章以降でしようと思うのですが、

今でも、この問題は、解決出来ていません。

 

「実は、17歳の頃から、女性を愛する事が出来なくなってしまっています。」

 

高校生の頃にした経験から、

最近まで、女性の事が信じられなくなっていた時期がありました。

 

女性不振に陥っていた時期が4年間、

そして、逃げる様にビジネスをやっていた時期が4年間です。

 

正直、自分の理想的な運命の女性を見つけたい!

みたいな、表面的な事を言ってはいますが、

 

このトラウマを 克服したいが為に、ナンパを始めたのが

本当の理由でもあったりします。

 

「俺は、女性の事、もう一度愛する事が出来るのかな?」

 

自分の中に、このような疑いがあったりします。

 

 

では、次回の章で、トラウマの事など、更に深く書いて行きたいと思います。

あ、興味が無い人は、読まなくてOKです!

俺も恥ずかしいので(笑)

 

ではでは!

 

ナンパ社長@竹内

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ