竹内の成長スピードについて

ナンパ社長の竹内です。

 

前回、アンリの成長について書いたのですが、

⇒ この記事です

 

アンリが、自身の成長スピードについて、

更に、補足記事を書いてくれたようです。

 

⇒ 俺が短期間で劇的に結果を出せた理由

 

この記事にも書いてくれたように、

アンリさんは圧倒的短距離走タイプで成功していく人という事が

分かってもらえたと思います。

 

(※こんなイメージ)

 

で、今回は、竹内の成長スピードについて

書いてみたいと思います。

 

⇒ なぜアンリの成長は早くて、竹内の成長は遅いのか?」

これにも少し書いたのですが、

 

俺は、圧倒的に物事をコツコツ実践していくタイプで、

本当に長距離走のマラソンタイプです。

 

一度やると決めた事は、どれだけ時間がかかっても

必ず最後まで成し遂げてやります。

 

今までの人生でも、必ずやると決めた事は、

全て目標を達成してきました。

 

もちろん、その過程では非常に時間がかかった事もあります。

 

昔から、何をやってもセンスが無かったので、

とにかくやり続けるという事を、信念としてやってきました。

 

なので、アンリさんの様に短期間で集中的に努力し、

爆発的に成果が出せる人や、何をやってもそれなりに出来てしまう、

センスのいい人を見ると、非常に羨ましかったです。

 

しかし、自分は周りよりも能力が劣っていると気づき、

「とにかく何でも決めた事はやり続ける」

 

という信念を持ってからは、

自分のペースでやり続けるという事を徹底してきました。

 

その結果、やると決めた事は、何でも達成できるようになりました。

 

諦めそうになった時は、スラムダンクでも有名な

安西先生の名言。

 

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

この言葉を思い出しながら、何をやるにしても

学生時代から踏ん張ってきました。

 

このナンパ実践においてもそうです。

 

まだ、実践し始めて2ヶ月足らずですが、

地蔵期間が長すぎて、もう辞めようかと思った事もあります。

 

このブログの更新も、正直やめて、

Wナンパ社長ではなく、アンリさんだけに更新してもらおうと思ったことは

何十回もありました。

 

アンリさんに泣き言をたれて、迷惑をかけた事もありました。

(その度に慰めてられて引き止められましたがw)

が、ここで諦めてしまうと、ただのヘタレ。。

自分の行動理念にも反してしまいます。

 

俺は、ナンパ活動を通して、最高のパートナーを見つける事が目標ですし、

ストリートナンパで成果を出せるスキルがあれば、

どんな出会いのシーンでも応用が利く事は明白です。

 

そう考え、ナンパというスキルを身につける事に決めました。

 

別にナンパという方法に拘らなくても、このコミュニケーションスキルがあれば、

どんな場所でも一瞬で狙った子を落とす事ができるようになります。

しかも、男としての魅力が付きますので、異性だけではなく、

同姓にも圧倒的に気に入られます。

 

よく、ナンパなんてちゃらいとかダサいとか、

労力の割にはリターンが少ないとか言う人がいますが、

 

俺はナンパは軟派ではなく、ナンパこそ、

 

軟派=硬派

 

だと思うのです。

 

なぜかというと、これほど出会いに対して真剣に向き合えて、

男として必死に自分の価値を高めれる行為は無いと思うからです。

 

そして、圧倒的に自分自身の感情の摩擦と

向き合い、進化していく行為です。

 

これほど、自分の感情の摩擦がおき、

女性のことを真剣に考えて、取り組める行為は、無いと思います。

 

多くの男は、恋愛なんて学ばずに適当にやっています。

でも、俺は恋愛こそ真剣に学ぶべきだと思います。

 

圧倒的にマイペースでのナンパ実践ですが、

必ず、最高のパートナーを見つけて、嫁にしたいと思います。

その時は、このブログでも報告しますので、期待してください。

 

軟派=硬派

 

この考えをもっと世間にも広められたら、

女性側のナンパに対する偏見ももっと無くなると思います。

ちゃんとした考えを持って、ナンパ活動するナンパ師を増やせる活動なんかも

今後、やっていきたいですね!

 

まあ、まだまだヘタレナンパ師なので、偉そうな事は言えませんがねw

 

ではでは、また今からナンパ行ってきます!(笑)

 

ナンパ社長@竹内

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ