渋谷で美人キャスターをナンパ?!(13回目)

竹内です。

本日は、ナンパ13回目。

 

また、いつもの様に

渋谷にナンパしに行きましたよ!

もちろん一人です。

 

 

前回、初めてソロで声かけする事が出来たので、

今日は、若干テンション高めでした。

⇒ 前回初の勇士

 

今回も、続けて声かけをする為に、

家を出る前から、かなり気合いを入れていきましたよ。

 

なえかというと、

テンションが下がると、

結構な確率で地蔵になる率が高かったからです。

 

後、感覚的ですが、

30分以上地蔵になった場合で、

その日に声かけが出来た事はありません。

 

なので、結構スピード勝負をする為に、

まあまあテンションを上げていったという訳です。

 

で、着くなり、

声をかけれそうな子を探していたのですが、

何と!何と!!

 

探せども探せども、

あんま人がいないではないですか!!

 

それもそのはず、

その日は、打ち合わせが無くなった時間を利用して

ナンパしに行ったので、時刻は昼前。

 

午前中の渋谷には、あまり人がおらず。。

これは、まさかの失敗です。

 

人がいつもよりかなり少ないので、

なかなか声をかけれそうな子も見つからず。

(暇そうで可愛い子)

 

若干焦りながら歩き回っていると、

知らない間に30分以上経過!

 

やはり、声をかけれていない状態が続くと、

どんどん地蔵化が進行していき、

 

結局そのまま1時間ぐらい歩き回ってしまいました。。。

 

「時間と人の多さを言い訳にして、

また俺は今日も地蔵なのか・・」

 

と思いながら、駅の方に向かっていると、

 

前方から女子アナ風の非常に可愛い子が!!!

おお!これはチャーンス!!

 

と思ったら、顔をよく見ると、

…..

「あっ!この子確か某テレビのキャスターやん!!!」

(よく気づいたな俺)

 

という事に気づき、

異常にテンションが上昇。

 

「おお!!これはほんまにやばいぞ!!めちゃ可愛いやん!!

こんな可愛い子、滅多におらへん!!!

これは、何としてもこれは声かけせねば!!!」

 

ここで、もし声をかけないと

確実に後悔して終わる事は明白だったので、

 

恐ろしく緊張しながらも

勇気を出して声を掛ける事に。

 

ちなみにこの子、まあまあ有名な子で

お天気お姉さんの長野美郷に若干似ているキャスターです。

竹内「ねえ、すみません。」

キャスター「はい?!」

竹内「この辺でビックリするぐらいまずい鰻屋知りません?」

キャスター「知らないです」

竹内「いやほんまに、ほんまに、朝からずっと探してるんですけど」

キャスター「すみません。急いでますので」

竹内「噓じゃないですよ!ほんまですよ!」

(緊張の余り標準語と関西弁が混ざる)

竹内「てか道に迷ってるんですか?迷子です?(携帯でマップを広げていたので)」

キャスター「いや、違います。本当に大丈夫です。」

….

てな感じで、

声かけは終了しました。

 

全然反応取れませんね。

渾身のまずい鰻屋アプローチだったのですが、、、

 

でも、しかし!!

 

テレビで普通に見ている芸能人に声かけが出来る。

これぞ、ナンパの醍醐味って感じですね!!!

 

し・か・も

 

ちゃんと声かけも出来たし、会話も出来た。

非常に良い経験が今日は出来ました。

 

もう少しで地蔵状態のまま帰るとこだったので、

地獄に仏とはまさにこの事!!!

 

次は、普通にソロで声かけできるようにします!!

 

ナンパ社長@竹内

 

⇒ 復活の地蔵化(14回目)

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像